厳し中での痛恨のバラシ!!三浦半島メバル調査の結果は如何に!?

メバリング
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

釣行リポート

どうも、ひろ吉です。
今回は、三浦半島へメバリング調査に行ってきました。

「春告魚」とも呼ばれるメバル 。まだ若干早い気もしますが待ちきれず…。

 

向かった先は、三浦半島南部の地磯。城ヶ島へとも思ったのですが、爆風の予報のため断念。
現地には、16:00に到着したのですが、この日は日没時間が干潮のため、現地調査をしながらキャストできそうなところを探します。

ちなみに今回の釣行で使うのは、シンキングペンシルのAPIA パンチライン60。
ジャパンフィッシングショー2018で金丸 竜児さんの話を聞いて買ってみました。

パンチライン60を使ってみた感想ですが、噂通り「飛距離がすごい!」、そして「レンジキープが楽!」。
僕は、メバリングはほぼ初心者ですが、初心者だからこそ?すごく使いやすいルアーと感じましたし、プラッキングがすこぶる楽しいです♪

 

で、肝心の釣果ですが、1バイトありましたが乗せられず…ボウズです。。。
ただ、周りのアングラーさんもすぐに帰っていく状況だったんで、厳しかったってことで!!

そこから再びポイントを変更。
観音崎に様子を見に行ったのですが、駐車場でさえ爆風のため断念。

 

そのまま浦賀の陸軍桟橋へ。ただ、こちらも天候のせいか、アングラーさんは殆どおらず。
今度は、先程までのパンチライン60から「ぶっ飛びロッカー2」を使ってのワーミングでしばらくキャストするものの、反応はなし。

残念ですが、今回はこれで終了としました。

 

今回の釣果

・なし