三浦半島 厳しい中でメバル&カサゴを何とかゲット!!

メバリング
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

釣行リポート

どうも、ひろ吉です。

ここのところすっかりハマってしまったメバルプラッキング。
今回も半ばホームとなりつつある三浦半島へメバルプラッキングに行ってきました。

ポイントへ入ったのは、1:00過ぎ。
新月大潮で3:48満潮だったので、ちょうど潮がしっかりと動き始めるタイミングです。

そんな中、キャストをするもなんだか厳しい雰囲気。
魚はいるんでしょうが、いまいち生命感が乏しいんですよね。

フローティングミノーで表層を探ってみるも反応は一切なく、
シンキングに切り替えて手あたり次第探っていきますが、これもまたアタリがでません。

魚が泳いでいる姿はみえるのですが、なかなか口を使ってくれません。

そして、潮が緩やかになる3:00過ぎにやっとアタリが!!

プラグは、ダイワ 月下美人 夜霧Z 42S(ネオンナイト)。
他の人気プラグも使っているのですが、このポイントでは夜霧Zへの反応が高いです。

ただ残念なことに引きはイマイチ…そして上げてみると、20cmほどのメバル。
ボウズは回避したものの、やっぱり厳しいです。。。

それから30分後、やっと2度目のアタリ!!
今回もプラグは、ダイワ 月下美人 夜霧Z 42Sのアミちらし。

ただ、残念なことにまたしても20cm程度のメバル。
なかなか数もサイズも出ません。。。

そして、もう夜が明ける始める4:00頃。
それまでに比べるとやや重い引き!!感覚的には25cmサイズ!!
ただ、上げてみると…これまた20cm程度のカサゴ。

ちなみにプラグは、ダイワ 月下美人 夜霧Z 42S(アミちらし)です。

結局、日の出まで続けたものの、今回は3匹のみ。
非常に厳しい結果でした。。。

今回の釣果

・メバル 2匹(20cm×2匹)
・カサゴ 1匹(20cm×1匹)