爆風・高波の沼津 片浜サーフ & 富士サーフ…さて青物は!?

ショアジギング
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、ひろ吉です。

台風やら仕事でなかなか釣りに行けていない今日この頃…釣りに行けないストレスが...。

そんな訳で天気は微妙ですが沼津 片浜サーフ&富士サーフへショアジギング 青物調査を強行してきました!!

スポンサーリンク

ショアジギングリポート

沼津 片浜・富士サーフのショアジギング釣果状況

釣行前、いくつかの釣具屋さんを回って沼津サーフ&富士サーフ等のショアジギング釣果情報収集しました。

釣果はというと最近は風が強い日も続き、海岸はゴミだらけ。

そんな訳で非常に釣り難い状況もあって、安定していない模様です。
ワカシ・イナダは、ポツリポツリと上がるものの、その程度のようです。

青物の場合、博打的な要素もあるので一発逆転を狙って兎に角チャレンジです。

まず富士サーフへ


今回の釣行、目指すは富士サーフ。

沼津への到着時刻が3時頃ということもあり、片浜6番の駐車スペースはいっぱいかも?ということで、一旦富士サーフへ向かい日の出を待ちます。

ただ心配なのが、やはり天気。
富士サーフの堤防沿いの駐車スペースで待機していたのですが、風でクルマが揺れるレベル。
雨は大丈夫そうですが…。

そして夜が明け、海の様子がわかるようになったのですが…波も高くショアジギング にはかなり厳しい状況です。

が、せっかくなので様子見がてらキャスティング……15分で退散です。。。

いざ、片浜サーフへ


とりあえずお話にならない富士サーフを後にし、片浜サーフへ。

この海の状況なら駐車スペースが既に空いているかも!?と向かってみるとやはり空きが!!とは言え、8割ほどは埋まってす。

クルマを停め、サーフの状況を見てみると…暴風の中、海岸線に沿って釣り人がズラリ。

富士サーフに比べれば波もまだマシで濁りも少なくはありますが暴風をものともしないアングラーの心意気、スゴイです。

そして、僕もそれに混じってキャスト開始。

が…ゴミは多いです。
メタルジグを引いてくるたびにゴミが引っかかり、危うくラインブレイクしそうに。

そんな中、クイッ。微かなアタリ。

どうせゴミだろうと思って合わせると反応が。
そして上がってきたのは、20cmほどの小サバ。この日初めて生命感を感じるもリリース。

そこからは相変わらずゴミとの勝負で正直、釣りになりません。

そんな中、グインっ。というアタリ?がきたのですが…散々騙されてきたゴミだろうと思っていると、竿がしなり明確な引きが!!!

やっときた魚の反応に心踊ると思いきや、既に心は折れかけで自分で言うのもなんですが、非常に雑なやり取り。

引きの感覚的には30〜35cm前後のイナダかカンパチ(シオ)。

ただ、やっぱり心踊らず、魚が見えてきたところで打ち寄せる波を気にもせず強引にランディング。

が、案の定、波にのまれてバラし。
ただ、それほど悔しさも感じず…ゴミとのやり取りで疲れちゃったんですよね。

いかん、反省です。

そんなこんなで9:00過ぎには納竿としました。

本日のショアジギング釣果

・サバ 1匹(20cm)
・イナダ1バラし