焼津 石津浜へ!!目指せ青物&タチウオ ゲット!!

ショアジギング
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、ひろ吉です。

前回の記事でご報告しました沼津 片浜&富士サーフでのショアジギング 。

海の状況や散々の釣果で午前中、早々に納竿。
が、アングラーとして、ここで終われる訳がありません。

魚を求めてクルマを走らせます。

スポンサーリンク

ショアジギングリポート

いざ、焼津 石津浜へ

実は、沼津・富士サーフへの釣行前から気になっていたポイントが焼津 石津浜。

台風21号の前にショアジギング でのタチウオ釣果が聞こえていました。
合わせて青物もポツリポツリは釣れているということも。

そんな訳で厳しい状況の沼津を後にし、いざ、焼津へ!!
勝負となる夕マズメに向け、クルマをひた走らせます。

そして14時過ぎ、焼津 石津浜へ到着。駐車場もまだ空いています。
サーフに出てみても、アングラーはまばらです。

すれ違う、釣りを終えたアングラーさん何人かへ状況をリサーチしましたが、タチウオは夜中〜日の出前にポツポツと全体的に上がっており、青物は日中に本当にポツリポツリのレベルで厳しいようです。

が、海の様子は沼津と違い非常に良く、波は穏やか濁りもなく、風も苦にならない程度です。
沼津を見てきた者からすれば天国です。

石津浜で青物調査開始!!

とりあえず一息入れ、時計の針が16時を回った頃からショアジギング青物調査開始です。

ただ海は静かで見渡す限りでは青物釣れておらす、時折、小さなナブラがたちますが、エサ釣りでもショアジギング でも食いが悪いようです。

そんなこんなで1時間程度、キャスティングを続けていると空から大粒の雨が。
天気予報でわかっていたので、驚くことはありませんが、かなりの雨足です。

とりあえず雨カッパを着込み、そのままキャスティングを継続。
周りも撤収する人は、ほぼおらず、ここでもアングラーの意気込みを感じます。

そして夕マズメ、相変わらずアタリさえなく青物を断念。
タチウオ狙いに切り替えます。

さぁ、タチウオを狙おう

結局、何の釣果も得られないまま夕マズメを迎え、タチウオ狙いに切り替えます。

が、相変わらず反応がないまま…周りではお一人が指2本程度のタチウオをあげていましたが、あとは沈黙。

19時を過ぎた頃、石津浜からはやや遠いと思いますがゴロゴロとカミナリの音が。
距離はあるとはいえ、一瞬、フラッシュをたいたような光が暗い浜を照らします。

そんな訳で泣く泣く一時、避難。激しい雨とカミナリが続いていたので、一旦、休息を取ります。

そして日が変わった0時過ぎ。
カミナリと雨がおさまり、タチウオをターゲットとしたショアジギング 再開です。

ただ、周りをみても厳しい状況で相変わらず反応はありません。

ちなみに前日は朝の4時半頃に時合いがあったと聞いていたので、それまで粘ります。

そして、明け方の4時過ぎ。
ここまでアタリも釣果もゼロ。最後の時合いにかけます。

すると50mほど離れたところにいるアングラーさんがタチウオをゲット!!
時間は、5時前、時合いが到来したようです!!

気を取り直して、僕もキャスティング。
周りも同様でサーフ全体に少し活気が出てきました。

が、やはり渋い。僕の周りではポツリポツリは上がるものの、時合いというには少ないです。
そしてそのまま、日が昇り…終了です。。。

あとからわかった話ですが、石津浜も広いのでポイントで釣果も変わった模様です。
タチウオも回遊次第というのはあるのですが…。

まずその前に腕を磨かないとですね。
最近続いている貧果に迷走気味ですが、気を引きして、またチャレンジです!!

今回のショアジギング釣果

釣果ナシ