東伊豆でヤリイカ20杯!!YO-ZURI エビスッテが最強!!

エギング
スポンサーリンク

どうも、ひろ吉です。

今回は、ヤリイカ好調の噂をよく耳にする東伊豆へ行ってきました。

事の真偽はわかりませんがヤリイカ接岸の傾向が強いと言われる満月の大潮。今シーズン最後の陸っぱりヤリイカXデーなんて話も!?

スポンサーリンク

ヤリイカ狙いで東伊豆へ

そんな訳でポイント調査と釣座確保のため、ポイントに前日入りしようと仕事終わりに慌てて向かいます。

そして到着したのは0:00が過ぎた頃…ヤリイカ好調との噂で混んでいるかと思いきや、そこまでではない様子…これ、噂に踊らされたパターンですかね?

そんな雰囲気の中、翌土曜の夜に向けての前哨戦として、餌巻きテーラー&YO-ZURI エビスッテでヤリイカ釣りを開始します。

が、結果は僅か2杯。。。渋い。。。

早くからやっていた人に状況を伺うとポツポツと上がっていたレベルで22時以降にパタリと止まったとのことでした。ちなみにその人は10杯程度とのこと…厳しい雰囲気です。

朝マズメはルアーでカマスを狙う!!

ちなみに朝マズメや夕マズメにカマスが狙えるとのことで、朝マズメに少しだけルアー遊びをしてみると型は小ぶりですがカマスが確かにいました!!

で、ヤリイカ調査本番となる土曜夜がやってきます。
17:00を過ぎた頃、始動!!海は非常に澄んでいる状況です。
前日の状況だと勝負は、22:00〜24:00くらいまで??
ヤリイカは、とりあえず回遊を待つしかないので、慌てず騒がず、のんびり待ちます。

ヤリイカ本番!!エビスッテで爆釣!?

ヤリイカのアタリもなく、静かな時間が過ぎていきます。そんな中で最初の1杯がやってきたのが、19:00過ぎ。

周りも含めてポツポツ釣れ始めています。感覚的には、時速2杯くらいのペース。ただ、残念なことに時合いらしきものも21:00前にはストップ。

ここから僕は、時速1杯くらいのペースになりましたが、周りはほぼ釣れていない状態。

僕に腕があるとは思わないので、入ったポイントがたまたま良かったのか、もしくは道具が違うのか。

道具については、全てを確認できた訳ではないですが、皆さんが使っているのは一般的な餌巻きテーラー(グリーン)の2段仕掛け。

で、僕は餌巻きテーラー(グリーン)とYO-ZURIのエビスッテの2段仕掛け。
この日の釣果や前回の釣果を振り返ると、確かに餌巻きテーラーよりもエビスッテを抱くヤリイカが多く、割合でいうと8:2でエビスッテに軍配といったところ。

YO-ZURIのまわし者ではないですが、この影響はあるのではないかと感じています。
なお、ポイントについての検証は今回してません。

ヤリイカの反応なく、のんびりした時間を周りのアングラーさんたちと時折、話しながら過ごします。

やはり皆さん、満月の満潮に期待していたのですが、これまで残念な状況…満月の光は届きつつも曇って満月隠れてますしね。

この日、潮回りを見ると最後の希望は2:00過ぎからの上げ潮のタイミング。
この時間になっても時合いがこなければ、納竿する決意をしつつ、時間を潰します。

ちなみに周りのアングラーさんたちは、あまりの釣れなさにパタパタとご帰宅され、釣り場も随分と人が少なくなっています。

そして日も変わり、最後の希望である2:00に差し掛かろうとした頃。

モゾモゾとウキが動くアタリが!合わせを入れるとヤリイカもしっかり乗ったようです♪
この日は竿を2本出していたのですが、ヤリイカが乗った方のリールを巻いていると、もう一方の竿にもアタリが!!

どうやら最後の希望より少し早く時合いがやってきたよう。我慢して続けて良かった!!
そこからは、3時過ぎまでポンポンと良いリズムでヤリイカが上がり、結果的に20杯で納竿となりました。

ただ不思議なことにヤリイカが上がっているのは僕だけ…理由は、先に書いたエビスッテだと思うんですよね。

YO-ZURIさんの売り込みでは決してないですが、タックルボックスに1本、エビスッテは入れておいて良いと思います!!

あとは、エビスッテとウキのバランス取る用に1〜2gの中通し錘も持っておくと安心です!!

ちなみに僕はが使っていたエビスッテのカラーは、ブルー夜光のピンク・夜光のブルー・紫外線発色の3タイプ。
日によって当たりのカラーは違いますが、この日はブルー夜光ピンクが一番調子が良かったです。

今回の釣果

・ヤリイカ 20杯