ショアジギング初心者におすすめ!コルトスナイパーBB S1000MH インプレ!!

ショアジギングロッド
スポンサーリンク

海は青物の季節真っ盛り!!そんな青物を狙おうとショアジギングにこれからチャレンジする方もいると思います。

今回は、そんなショアジギングのエントリーロッドとして最適なシマノ コルトスナイパーBBのご紹介、また実際にS1000MHを使った使用感をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ショアジギング入門者向け最強ロッド シマノ コルトスナイパー BB シリーズ

ショアジギングを始めようとロッドを調べてみると、必ず名前に上がるのがシマノから発売されている「コルトスナイパー BB」です。

コルトスナイパー BBは、シマノから発売されているショアジギングのエントリーモデルで、まさにこれからショアジギングを始めようとする入門者にはピッタリなロッドです。

そしてエントリーモデルと侮ることなかれ、遠投性能や魚とやり取りする際のパワー、また品質についても申し分なく、入門者だけでなく中級者に至るまで十二分に活用できるコストパフォーマンスに優れており、サーフや防波堤、磯など様々なフィールドで対応可能な全6種類のサイズが取り揃えられています。

・入門者~中級者に至るまで十二分に活用できるコストパフォーマンスに優れたロッド
・様々なフィールドでのショアジギングに合わせた全6種類のサイズ展開

コルトスナイパー BBのおすすめポイント

コルトスナイパー BBは、ショアジギング向けのエントリーロッドではありますが、性能と価格を考えると初心者にとっては嬉しいコストパフォーマンスです。

・優れたコストパフォーマンス
・遠投性能および魚に対抗するパワーを生み出す「ハイパワーX」を採用
・強力な魚の引きにも耐えられる「SiCリング」を搭載

ブランクスに「ハイパワーX」を採用

コルトスナイパー BBでは、ブランクス(ロッドの芯となる部分)の最外層にカーボンテープをX状に巻きつけた「ハイパワーX」と言われる強化構造採用されています。

これによりロッドのネジレを抑制、またキャスト時にはわずかな荷重からも最大のパワーを発揮することが可能になります。

シンプルに伝えるならば、ショアジギングで必要な遠投性能を持ち、また青物の強烈な引きに負けない強靭なパワーを持っているロッドということになります。

トップガイドに「SiCリング」を搭載

コルトスナイパー BBは、トップガイド(ラインを通すリング)に「SiCリング」と呼ばれるリングが使われています。

このリング部分は、PEラインを主に使うショアジギングおいては、負荷のかかる部分であり、特にトップガイドのリングにはキャストやリーリング、魚とのやり取りの際に大きな非常に大きな負荷がかかります。

そして、もし、このガイドのリングが破損してしまうとラインを傷つけてしまい、そもそも釣りをすることが困難になってしまいます。

そこで重要視されるのが「リングの性能」ですが、SiCリングは硬さ・重さ・滑り具合・放射性の全てにおいて最高のリングであり、それがコルトスナイパー BBにはトップガイドのみですが装備されています。

コルトスナイパー BBと同価格帯となる10,000〜15,000円前後のエントリー向けショアジギングロッドで一部にでもSiCリングが搭載されているものは現状では、コルトスナイパー BBのみと思われます。

コルトスナイパー BBのラインナップ

コルトスナイパー BBは、ロッド長さ9〜10ft、そして硬さ(パワー)はM(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)・H(ヘビー)と長さ×硬さ(パワー)で全6種類用意されており、フィールドの状況やターゲットとする青物のサイズに応じて選ぶことができます。

[table id=10 /]

ロッドサイズ選択

コルトスナイパー BBでは、ロッドの長さ×ロッドの硬さにより全6種類のサイズが取り揃えられてますが、釣りをするフィールドやターゲットとする魚により選択することになります。

ロッドの長さ

コルトスナイパー BBのロッドの長さは、9ft(2.74m)・9.6ft(2.9m)・10ft(3.05m)の3タイプがありますが、イメージとしては釣りの主なフィールドが港湾部や比較的狭い場所ならば9ft、サーフも含めた広い場所ならば10ft、主に港湾部だけど時折サーフでもということであれば中間の9.6ftとなります。

ただ、余程手狭なフィールドでない限りは、10ftをオールラウンドで使用しても良いでしょう。 ロッドの長さは、余程手狭なフィールドでない限りは10ftがおススメ

ロッドの硬さ

コルトスナイパー BBのロッドの硬さは、M(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)・H(ヘビー)の3タイプがありますが、硬さは長さに比べ、選択がやや悩ましいところです。

基本的には、キャストしたいルアーの重さとターゲットとする魚のサイズが選択基準になりますが、それに加えて使用者の技術やパワーも考慮する必要があります。

特にキャスト時の飛距離ですが、単に重いルアーを投げられれば良いということでなく、うまくロッドにルアーの重さを伝え、上手にしならせなければ飛距離は出ません。

ロッドは、長く硬くなればなるほど扱いが難しくなるので、初心者はその点も含めて選択すると良いでしょう。 初心者では、ロッドの硬さはM(ミディアム)かMH(ミディアムヘビー)がおススメ

コルトスナイパー BB S1000MHの使用感(インプレ)

by TSURI BEATフィールドリポーター 加藤ひろ吉

コルトスナイパー BB S1000MH 総合的な使用感

コルトスナイパーBBは、80cmオーバーの青物を釣ることを目指して購入しましたが非常によく活躍してくれています。

釣果としては、イナダ、ワラサ、そして90cmオーバーのブリまで釣っています。特に90cmオーバーのブリを釣った際は、非常に非力なリールを使っていたため、ドラグが全く効かずラインをどんどん出されましたが、最終的にはロッドのキレイなしなりとパワーでなんとか釣り上げることができました。まさに「ハイパワーX」の効果でもあったかもしれません。

コルトスナイパー BB S1000MH ロッドの長さ

S1000MHは、10ftの約3mの長さとなりますが港湾部でも使いにくさを感じることはありません。むしろ港湾部であっても飛距離を出したいことが多いですし、サーフで青物を狙うこともあるので個人的には10ftで良かったと思っています。

コルトスナイパー BB S1000MHの硬さ

S1000MHは、硬さ表記にあるようにMHとなりますが、かなり硬く、ちょっとした棒で釣りをしているようです(笑)

釣行では、主に40〜60gのメタルジグやプラグを使っていますが、購入当初はうまくしなりを作ることができないことができず、コルトスナイパー BB S1000MHでメタルジグ 60gをキャストするよりも、同じシマノから発売されているサーフでのフラットフィッシュ向けロッドであるネッサCI4+ S1008MMHで40gの方が飛距離が出ているくらいでした。
そのため硬さはMの方がよかったのでは…と思うこともありましたが、慣れや技術もついた?からなのか、今ではコルトスナイパー BB S1000MHでメタルジグ 60gを問題なくキャストでき、飛距離も伸びています。

ショアジギング初心者の方は、非常に悩ましいところですがMHを購入し慣れていくか、Mを購入し、物足りなくなったらMHに買い換えるか…が判断のポイントかと思います。

もしS1000MHを選ぶのであれば、最終は少々疲れますがルアーの重さはメタルジグ で言えば60gをメインにした方が良いでしょう(40gも問題なくキャストできますし、用意はしておいた方が良いです!)。

コルトスナイパー BBS1000MHでの主な釣果

コルトスナイパー BB S1000MHでは、青物をはじめとした様々な魚を釣っています。魚によっては硬すぎることもありますが、釣れないことはないので大物を狙いたいと考えるならば、大は小を兼ねるという考え方でも問題ない範囲と思います。

ブリ(92cm):港湾 / ワラサ(60~70cm):港湾

カンパチ・ショゴ(30cm) 港湾・サーフ

シイラ(50cm) サーフ

マゴチ(50cm) サーフ

タチウオ(F4) 港湾

まとめ

シマノ コルトスナイパー BB S1000MHは、初心者向けのショアジギングエントリーロッドの中では、他のメーカーに比べ、少々高いかもしれませんが、性能も加味すればコストパフォーマンスは良いように思います。特にこれからショアジギングを始めようと考えている方には、非常におススメです

ただ先にもお伝えしていますが少々硬いので、その点については自分が釣ってみたい魚のサイズとフィールド、自分自身のパワーや技術を意識した上で選択した方が良いと思います。

ちなみにコルトスナイパー BBを買い直すタイミングが来たならば…それが使い始めて1年以内であればMの方が良かったと思っていましたし、2年目以降であったならMHを選ぶと思います(笑)