三浦半島に青物祭り到来か!?イナダ!?マルソウダ!?

ショアジギング
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、ひろ吉です。

9月も半ばを過ぎ、暑い日は随分少なくなってきました。そろそろ秋ですかね?

では、秋に向けての海の状況は…ということで、今回も先週に引き続き、三浦半島地磯へ青物調査に行ってきました。

今回の釣行先は、先週の連休にあえなく撃沈した三浦半島の地磯。先週に引き続き、ショアジギング青物調査ですが今回は如何に!?

スポンサーリンク

ショアジギングリポート

三浦半島地磯で大賑わい!!

ポイントになる地磯に入ったのは、深夜2時頃。

ただ連休&大潮ということもあってか、朝マズメにはまだ早いものの、地磯は既に大賑わいい。岩場の先には概ねアングラーが既にスタンバイしています。

僕もなんとかポイントにを見つけて、そのうちの1人として朝マズメを待ちます。

そして潮が下げに入った朝4時頃からキャスティング開始。
が、魚からの反応はない時間が続きます。

ついにヒット!!あがってきた青物は!?

静かな海にキャストし続けて2時間…そんな6時過ぎ…
潮目に向けてキャストしたジグに待望の初ヒット!!

ガツッ!!!!ビュビュビュー!!!!

ワンピッチジャークからのフォールで食ってきた感じですが、食った途端、想像以上に右へ左へ走ります。予想では、40cm前後のイナダだったんですが…スピード感がチョット違います。

アングラーさんも多く、このまま好きに走られるとお祭り必至ということで根ずれに気をつけながら、とにかくゴリ巻き、そして一気に引き抜き!!

あがってきたのは、コチラのヒラソウダ。
サイズは45cm弱といったところです。

最近、青物がほぼ釣れていない状態だったので嬉しい1匹です。

ヒラソウダに続け!?その後の青物は…?

僕がヒラソウダをキャッチ後、時合いがきた!!とばかりに周りも含めてキャスティングにも力が入ります。そして、人多過ぎで頻発するオマツリ…。

すると磯ある一角で青物フィーバー開始!?30〜40cmのイナダが5〜6本続けてあがるも、それも長く続かず…時合いは30分程度。

ナブラもなければ、ボイルもなく、寂しい時合いが終了?結局、8時過ぎまでキャストしましたが反応が復活することはなく、納竿となりました。

三浦半島も青物の釣果がやや見られるようになってきましたが、日によってムラがあり、まさに宝くじに当たるかどうかのギャンブル性が非常に高い状況のようです。

早く安定した釣果になりますように…。

今回の釣果

ヒラソウダ1匹(42cm)
ルアー:Zeake Rサーディン 40g(ピンク)