エリアトラウトの引き出しを増やそう!ボトムの釣りにチャレンジ!!

エリアトラウト(管理釣り場)
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ども!
三度の飯より釣りが好き、HIRO吉です!

いつも、ブログを見ていただき、ありがとうございます!
今回も裾野フィッシングパークです。

ちなみに、今回の記事、僕本人の備忘録レベルですのでご了承を(笑)

スポンサーリンク

今回も裾野フィッシングパークへ!!

さて、今回も向かった先は、裾野フィッシングパーク。
少々アングラーの数は減っている感もありますが…ほぼ、通常時と変わらずといったところです。

今回も目標は、スプーン・プラグだけでの50キャッチ。

ただ、エリアトラウトも本当に甘くなく、20~30キャッチ/dayあたりから増えない感じです。
とはいえ、釣りの引き出しは、少しずつ増えているので、めげずにやりきるしかないですね。

開園と同時にクリアポンドでキャスト開始。

まずは、浮いている魚を取ってしまおうと表層から探っていきます。
すると、1投目からヒット!!

が、自分でもわかったいるのですが、かなりおざなりなランディング…そして、バラシ。
その後、2投目、3投目と立て続けにヒット!!するも、やはりバラシ。

そこからがあたりが止まり…朝一スタートでのキャッチ数はゼロ。
なんかこの日はスタートから集中できず…よろしくないですね。

そこからスプーンをローテーションをしながら、各層を丁寧に探っていきます。

そして、30分後、やっとこさ1匹目をキャッチ!!

引き出しを拡げろ!ボトム狙いでロデオクラフト シャドウアタッカーを投入!!

今回も最初に書いたように50キャッチを目指してはいますが、やはり引き出しを増やしていくことが必要と痛感し、前回からボトムの魚を狙う練習を始めました。

投入したのは、ロデオクラフト シャドーアタッカー。
使い方としては、シャドウアタッカーをボトムまで落とし、そこからリフト アンド フォールで探ってくる感じです。

シャドウアタッカーをキャスト。

ボトムまで落とす。

やや、小刻みなリフト アンド フォール。

グワンッ。

スプーンでのアタリと異なり、かすかな重さを感じた瞬間に軽く合わせるとかかるようです。
まだ、試行錯誤中なので、これが正解かわかりませんが(笑)

そんなこんなで、この日は結局のところ30キャッチで終了。
そろそろ目標に向けて、停滞期を抜けたいですね。

が…残念なことに世はコロナ禍で大変な状況になっています。
賛否両論あると思うので細かなことは書きませんが、釣りをするにしても場所は選ぶ必要がありますね。

今回の釣行記録

釣行日 2020年4月11日
釣行先 裾野フィッシングパーク
釣果  トラウト(40〜50cm)
    30キャッチ(赤身1キャッチ含む)

コメント