美味しいアジを求めて千葉外房へ!!

アジング
スポンサーリンク

どうも、ひろ吉です。

寒くなると食べたくなるのが美味しいアジ!!ということで、房総半島の東側、いわゆる外房へアジをゲットしに行ってきました!!

もちろんアジング!!と言いたいところですが、アジングは息子に任せて、僕は投げサビキです。たまには、のんびりエサ釣りで。

スポンサーリンク

激込みの鴨川 小湊港は諦め勝浦の某漁港へ

外房にあるアジ釣りの人気ポイントと言えば、鴨川にある「小湊港」。
確実な釣果が見込めることから、皆さん前日の昼間から場所取りをするような超人気ポイントです。

正午頃、この小湊港へ様子を見に行ったのですが釣り場となる堤防には、場所取りのためのバケツが並び、既に入る場所もないほど…。そんな訳で勝浦方面の某漁港へ。

こちらも混み合っていますが、とりあえず釣座は確保。こんなことを書くと怒られるかもしれませんが、小湊港のようなギラギラギスギス感もないため、夕マズメに向けて、のんびり準備します。

外房でのサビキは間違いなくハヤブサの小アジ専科!!

今回の釣行ですが、本来ならアジング!!と言いたいところですが投げサビキで狙います。

外房でのアジ釣りは、美味しいアジの刺身やアジフライのため、どうしても数が釣りたくサビキに頼っちゃうんですよね…。ちなみにこの釣り場は、サビキ・カゴ釣りとアジングがだいたい7:3といったところ。

さて、外房でのアジを狙ったサビキ釣りですが、僕が毎回使っているサビキは、ハヤブサの小アジ専科。

中でも
・ツイストスキン ケイムラレインボー
・蓄光スキン フラッシュ
・蓄光スキン レッド
の3種類のみです。

そして特にオススメなのは、「ツイストスキン ケイムラレインボー」です!!

上記3種類の中でも「ツイストスキン ケイムラレインボー」を使うのが8割で、濁りがすこぶるキツイような残り2割で蓄光スキンを使います。

もちろん他メーカーのサビキでも釣れますが、過去の経験からハヤブサの「ツイストスキン ケイムラレインボー」が1番釣れるんですよね。

多分、ケイムラが効いているんだと思いますが、ケイムラの中でも何故かこれが1番で、皆が釣れてる時は、その中でもさらに釣れる感じです。

信じるか信じないかは、あなた次第!!

ただ、ハヤブサの小アジ専科の中に同じようなケイムラサビキがあるので間違えないようにしてくださいね!!

夕マズメの時合いはくるのか!?アジのゲットなるか!?

15:00過ぎから竿を出し、時合いに備えていたのですが、日没の16:30を過ぎてもアジがポツ…ポツ…と上がるだけで、時合いらしきものはやってきません。

それでもひたすらアジがやってくるのを待っていると…17時過ぎ、やっとやってきました!!

最初、棚取りで失敗して出鼻を挫かれたのですが、早々に挽回!!入れる度にアジが掛かります!!

時合いは、30分程だったのですが、とりあえず15匹ゲット!!周りと比べても多く釣れたほうかと思います。
この調子で本番である朝マズメ、しっかり釣りたいですね♪

大漁を期待した朝マズメ、まさかの…

さてさて、朝マズメ。3時過ぎからスタンバイして、アジがやってくるのを待ちます。時合いは、日の出前後でしょうが。

で、アジがやってきたのは6:00過ぎ。

周りが釣れていない中、僕のウキだけが立て続けに水中に消えます!!リールを巻いてくると、しっかりアジも付いていました♪

この調子でどんどん行くぞ!!と思った矢先…悲劇が。。。

まず1発目、仕掛け一式が海の藻屑に…。

そして2発目、慌てて作り直した仕掛け一式が速攻で海の藻屑に…。

そして3発目は極めつけ、アジングに切り替えた途端、タックル一式、海へボチャン…。

海を汚してごめんなさいなのですが…流石にアジングタックル一式、海の藻屑とは辛い。。。

そんな訳で朝の釣果は、アジ2匹。

ロッド用のリーシュコードを付けようか、マジで考えさせられます。
皆さんもお気をつけて!!

今回の釣果

・アジ 17匹(17〜23cm)
・イワシ 13匹
・ボラ 1匹