釣り納めは豊橋・田原サーフへ!!ブリ・シーバス・ヒラメを求めて!!

シーバス
スポンサーリンク

どうも、ひろ吉です。
早いもので2018年も残りあとわずか。今年もありがとうございました。

2018年は、個人的にはトータルで見ても非常に残念な釣果でしたが、終わりよければすべて良し!の意気込みで12月29日〜30日にかけて釣り納めに行ってきました。

スポンサーリンク

釣り納めは豊橋サーフ〜田原サーフ!!

釣り納めに向かった先は…愛知県の豊橋サーフ〜田原サーフ。
豊橋サーフ〜田原サーフは、愛知県渥美半島の先端、伊良湖岬から静岡県御前崎まで続く遠州灘サーフの一部であり、表浜とも呼ばれています。

このサーフ一帯では、例年12月半ばまでブリやサワラ、シーバスなどが上がるのですが、今年は暖かかったこともあり、ややそのタイミングがズレているようです。

まずは豊橋サーフ 小松原海岸へ!!

12月29日、夕マズメに豊橋サーフの小松原海岸へ。王寿園という老人ホームが近くにある海岸で「王寿園」とも呼ばれているスポットです。

サーフに入ったのは、15:00過ぎ。

写真では伝わらないかと思いますが、サーフには15mおきにアングラーが並ぶ状況です。
風もそれほどなく、天気も良好。海はやや濁りはあるもあり、コンディションは良い感じ。

ベイトは、サッパ。
かなりの数が入っているようでベイトには事足りない状況。ますます期待は高まります。

すると…鳥山発生!!ルアーも届く範囲で大興奮!!ただ、それは遥か遠くの海岸。。。
結局、完全に日が暮れた18:00頃までキャストし続けますが、鳥山はこちらの方までやってくることはなく、そのまま納竿となりました。

気を取り直して田原サーフへ

翌30日の朝マズメ、よりベイトが付いているという田原サーフへ。

田原サーフも非常に広いわけですが、特にこの時期、ベイトの付きが良いのが百々海岸(どうどうかいがん)から谷ノ口海岸、大草海岸あたりとのこと。

何処に魚が現れるかは、魚の気分次第なので、とりあえず中間の谷ノ口海岸へ。
サーフインは、まだ日も上らぬ4:00頃。他のアングラーさんも概ねそのあたりからスタートです。

ちなみにキャストしているのは、ヒラメを意識した「かっ飛び棒 赤金グローベリー」。
遠浅のサーフでも浮き上がりよく、非常に使いやすいです。

そして6:00を過ぎた頃、かっ飛び棒をフルキャストし、着水からのフォール…
すると、ついに歓喜の瞬間が!?!?!?

フォールしている最中、ロッドに重みが!?

ベイトが引っかかった?
にしては、重みは更に増しているような。

ゴミ?
にしては、底へと引き込まれるような重み。

まさか、ア・タ・リ!?
この間、約0.5秒。

その頃にはロッドが良い具合にしなり、明らかなアタリに慌てて合わせ!!

フッ……。

乗せられず。。。

これが30日の朝マズメのピーク。

その後、鳥山が発生するも隣の谷ノ口海岸。
ヒラメのアタリ以降、変化もないため、とりあえず歩いて向かうことに。

向かう道中、60cmほどのシーバスをストリンガーに下げたアングラーさんと何人もすれ違います。

そして到着、キャストスタート!!すると自分が歩いてきた方向でナブラ発生!!
追い抜かしちゃいました。。。

この2018年を象徴するような運のなさ。。。

そして、その後も谷ノ口海岸でキャストするも僕が釣れることはなく、2018年の釣りは、これで幕を閉じました。

2019年は、釣れますように。。。

今回の釣果

釣果なし