和歌山遠征 in 下津ピアーランド 青物調査!!

その他エリア
スポンサーリンク

どうも、ひろ吉です。

今回のショアジギリポートは、前回のリポートに引き続き、毎年恒例となっています和歌山遠征 下津ピアーランドでの青物調査です。

スポンサーリンク

ショアジギリポート

前回のショアジギリポート 和歌山遠征 in 加太では、真鯛?と思われる大物のバラシのみと非常に残念な結果に終わりましたが、「なんとか挽回を!」ということで和歌山市近くの人気釣りポイント「下津ピアーランド」へ行ってきました。

下田ピアーランドは、和歌山市の南、海南市にある海釣り施設で紀伊水道面した和歌浦湾に突き出した非常に潮通しの良い釣りポイントです。

下津ピアーランドの魚影は濃く、サバやアジは勿論のこと、青物やシイラ、タチウオにアオリイカなど様々な魚が狙えます。

そして今回は、もちろん青物。事前の釣果情報を見てみるとカンパチ(シオ)が数は少ないようですが上がっているようです。

下津ピアーランドに到着したのは、3:00頃。

海釣り公園ということもあり、開演時間が5:00〜と決められていますが、人気スポットだけに並ぶであろうと推測し、早めの行動です。

が、既に入口には列。入場口に荷物を置いての順番待ちが下津ピアーランドでは一般的なようですが、僕が並んだタイミングで13番目です。

なお、以前は入場口に荷物を並べてからの開園後ダッシュで場所取りのようでしたが、今は開園15分くらい前に整理券が配られ、順次入っていくという流れになっています。

開園5:00、ショアジギングスタートです!!

ただ台風の影響で風が強い…北東からの風でやや水深が深い大阪(和歌山市)側へのキャストは少々しんどい状況。

ちなみに底は、60gでカウント20〜25くらい。

肝心の釣果ですが...8:00頃までキャストし続けるものの、残念ながらアタリもなし。

周囲のショアジギングやカゴ釣りのアングラーも沈黙。

ちなみにサビキ釣りでは、小サバがそれなりに釣れている状況。むしろ皆さん、小サバに邪魔をされているというような感じでした。

あとは、タチウオが1本上がっていました!!

サイズは指2本 70cm程度。

今回の和歌山遠征で和歌山市だけでなく、神戸〜大阪泉南地区の釣具屋さんで情報収集もしましたが、あがっているタチウオは概ね小ぶりでやはり指2本サイズとのことです。

結局、下津ピアーランドでのショアジギングも厳しい結果で終わりました。

現場からのリポートは以上です!!(泣)

今回の釣果

ボウズ