静岡 相変わらずの青物激渋の富士サーフ

釣行・釣果レポート
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

釣行リポート

どうも、ひろ吉です。

今回は、前日の沼津某ゴロタ場から移動し、まずは富士サーフへ。

情報収集をしたところ、前日には富士サーフでワカシがそれなりに釣れてたとのこと。
そんな訳で遠征2日目の朝まずめは、富士サーフからスタートです。

ポイントに入ったのは、4:30頃。アングラーはそこそこいるものの、まだ入れる余地はあるといったところ…サーフも広いのでポイント間違えたかも??と少々不安に。

そして、結果は不安的中…ウンともスンとも言わないまま、終了。
周りのルアーマンも全く反応なく、唯一カゴ師さんが2匹ほどワカシを釣り上げていました。

そして、そのあと沼津 片浜サーフへ移動。

ちょうど帰る途中だったアングラーさんたちに釣果を伺うと昼前の潮止まりタイミングまではポツポツもソウダガツオ・ワカシ・ペンペンシイラが釣れていた模様。「これからもまだ釣れるのでは?」という言葉を信じてキャストするもアタリもなし。。。

夕まずめも再び片浜サーフでキャストするも、全く反応なし。。。

静岡遠征2日目、1日目よりも、さらに厳しい結果となりました。

今回の釣果

・ボウズ