鳴り響くドラグ音!!果たして何がかかったのか!?和歌山遠征 in 加太

その他エリア
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、ひろ吉です。

台風19号、20号とダブル台風が猛威をふるっていましたが、影響を受けた地域の皆様が大きな問題なきことを願っております。

さて、今回ですが毎年恒例となっています和歌山へ遠征にいってきました。

和歌山は、僕がショアジギングを始めて早々に陸っぱりから90cmオーバーのブリを釣り上げた思い出の地。さて今年は、どうでしょうか!?

スポンサーリンク

釣行リポート


今回、最初に訪れたのは、和歌山市にある加太港。

加太は、紀伊水道に面した非常に潮通しがよい人気釣りポイントで、また周辺が真鯛の産卵場、越冬場として非常に有名です。

釣りに関して言えば、真鯛は勿論のこと、青物やタチウオ、アオリイカ等、非常に魚影も濃く、様々な魚が狙えます。

今回、その加太のポイントに入ったのは、4:00頃、日の出の30分ほど前。

ただ釣り場となる加太港の大波止には、サビキ釣りの家族連れやカップルで既に賑わっています。ショアジギングは…非常にアングラーが少なく、明らかに厳しい様子です。

そして、キャスティング開始。
が、案の定、アタリさえない時間が過ぎていきます。

周りのサビキ釣りは、日が昇るタイミングで15cm程度の小サバが入れ食い状態に!
(隣でサビキ釣りをされていたカップルさんに撮らせていただいた写真です)

5本鈎のサビキに鈴なりで小サバが付いてくる状態で、5:00過ぎからは10cm前後の豆アジも混じりはじめました。

さて、肝心の僕の方はと言いますと…相変わらずアタリさえありません。

すっかりと日も上った8:00頃。
諦めて帰り支度をしつつのラストキャスティング…。

さてラストルアーは、神津島でのヒットルアーであるRサーディンのZGグリーンゴールド。

ラストキャストということで、めいいっぱい飛ばし、着底からワンピッチジャーク、時折フォールで引いてきます。

すると…

ガツッ!!!!!!!!

諦めてのラストキャスティングにまさかのヒット!!
しかも結構なパワーでMHの硬さのロッドがしっかりしなってます!!横に走ることはないけど強烈な引き…良い型の真鯛!?

油断してたところでのヒットに慌ててドラグを調整しながらファイト開始!!
なんとか少しずつ引き寄せてくると……

フッ。
まさかのバラシ。。。

そんな訳で非常に残念ですがボウズでの納竿となりました。

今回の和歌山市加太港遠征。
青物などは非常に厳しい雰囲気ですが、サビキ釣りでの小サバや豆アジは入れ食いですので、興味のあるアングラーさんは是非!!

P.S.
数日後の深夜にタチウオ&エギングの様子を見にいってきましたが、広い堤防に人は皆無。
こちらもなかなか厳しいようです。

本日の釣果

ボウズ