和歌山 下津ピアーランドでタチウオ・青物が釣れました!!

その他エリア
スポンサーリンク

どうも、HIROです。

ここのところ仕事がすこぶる忙しい上に唯一空いた休日は天候不良と週末アングラーにとっては、釣りに行けない日々が続き、気がつけば2ヶ月。

釣りを始めてから2ヶ月も海に行けなかったのは初めて…。

そんな中、楽しみにしていた和歌山遠征に行ってきました!!
とはいえ、8割は仕事してたんですけどね…。

今回、向かった先は、和歌山 下津にある下津ピアーランド。
所謂、釣り公園ですが、潮通しも非常に良く、大型の青物なども狙える好ポイントです。

スポンサーリンク

ヨコワがあがった和歌山 下津ピアーランドへ!!

今回の和歌山遠征、和歌山以外にも大阪、神戸、淡路島の釣果を調べていたのですが、残念なことにどこもパッとしない状況。

そんな中、サワラや大型シイラ、そしてなによりヨコワ(クロマグロの幼魚)が数日前にあがったとの情報がある下津ピアーランドを復帰初戦に選択。

下津ピアーランドは、人気の釣りポイントとあって、朝5:00開園にも関わらず、深夜から多くのアングラーが並びます。

そんな訳で僕は、2:30過ぎに現地着。この日は、平日にも関わらず、順番は16番目。
アングラーの朝は、早いですね。

下津ピアーランド 一投目からタチウオがヒット!!

下津ピアーランドは、開園前に整理券が配布され、開園と同時に整理券の順番で中に入って行きます。

以前来た時には、皆さん、順番抜かしもせず順序よく並んで入場していたのですが、今回は一部のアングラーが良い釣座を確保するために追い越そうとします。

マナーくらいは、守って欲しいものですね、ホント。

ちなみに僕の釣座は、先端にあるボックス(通称ロイヤル?)含め、先端から3分の1程の北向き(マリーナシティ向き)の場所。

タックルを準備し、まずは一投目。
ガッッ!!僕には珍しく、いきなりのアタリ!!が、残念なことにフックアウト…。

続けて二投目。
ガツッ!!またもやヒット!!

上がってきたのは、タチウオ。サイズは、やや小ぶりな指3.5本程度。

8月上旬までは、指4本以上のタチウオが上がっていたと聞いていましたが、ちょうどこの時期からやや小ぶりになったとのこと。

その後、もう一本追加し、朝マズメのタチウオは2本で終了。

ヒットルアーは、絶大な信頼をおいているZeake  Rサーディン。
昨年も殆どの魚をRサーディンで釣った気が…。

日中はツバス・ハマチ(イナダ)と遊ぶ!!

朝マズメのタチウオご終了して、しばらくは静かな時間が続きます。

そして、次にアタリが出たしたのが10:00過ぎ。
どうやら小粒の青物が回ってきた模様。

僕もRサーディンをキャストし、細かなアクションを付けながら引いてくるとガツツッ。

30cmないツバス。
そこからツバスに混じってシイラやサワラもポツ…ポツ…と姿を表します。

そして、またしばらく静かな時間。
来たるべき時に向けて炎天下の中、英気を養います。

そして、お昼過ぎてからポツポツ再び連れ出します。

サイズは、午前中に比べて大きくなり、35c〜40cm程度のイナダ(ハマチ?)クラスに。

釣ったルアーは、やはりZeakeのRサーディン ピンク。
この日は、フォールよりも細かなアクションに対する反応のほうが良かったです。

下津ピアーランドの海でのベイトはイワシ?

今回の下津ピアーランドへの釣行は、結局のところタチウオ2本、イナダ・ハマチ(ツバス)6匹で納竿。

2ヶ月ぶりの釣りとしては、サイズは小ぶりなものの、しっかり楽しむことができました。

釣ったタチウオやイナダを捌いてみると…イワシがまるっと入っていました。

今回の釣行記録

釣行日 2019年8月6日
釣行ポイント 和歌山 下津ピアーランド
釣果 タチウオ2本(F3.5本)
   イナダ・ハマチ(ツバス) 6匹(28〜40cm)

コメント